基礎知識

発生原因

ここでは、眼瞼下垂となる主な理由について解説しています。

眼瞼下垂の原因は、大きく先天性と後天性のものに分けられます。

先天性の眼瞼下垂は遺伝的要因により発生するとされており、筋肉・神経不全などが主な理由となっています。

後天性の眼瞼下垂の原因は様々なものがありますが、代表的なものとしては3つの原因が挙げられています。

1つめには加齢による影響が原因となる場合です。眼瞼挙筋・ミューラー筋などの瞼を持ち上げるのに関連している筋肉の筋力低下や、皮膚の張りがなくなってきてしまうことが原因となり、眼瞼が垂れ下がった結果、眼瞼下垂となります。

次に挙げられる原因としては、コンタクトレンズを装着することによるものです。 コンタクトレンズの長期間使用と言うのは、瞼に負担がかかることが多く、それらは眼瞼下垂の原因となることがあるとされています。

最後に挙げられる原因としては、近年高い普及率を誇っているパソコンなどの利用です。パソコンの利用環境が悪い場合や、長時間の利用により、目を酷使してしまうということも、眼瞼下垂の理由と考えられています。

眼瞼下垂は、一般的には先天性によるものが多いとされていますが、近年ではパソコンやコンタクトレンズなどの普及に伴う発症ケースも多くなってきているというのが現状のようです。

コンタクトレンズの装着時や、化粧をする際に、目を触りすぎてしまうような行為も、眼瞼下垂の原因になると考えられていますので、日常的な行為も眼瞼下垂の原因の一つになるという点は注視しておく必要があるかと思います。

あまりに気にするとストレスの原因ともなりますので、適度に目を労わるように心がけることで、この症状が発生する事を避けられる可能性が高まりますので、是非参考にしていただければと思います。