基礎知識

主な症状-瞼が重くなる

ここでは眼瞼下垂の主な症状の中から、瞼が重くなってしまうという症状について紹介しています。

主な症状の肩こりについて紹介している中でも触れていますが、眼瞼下垂になると上の瞼が垂れ下がります。この症状は皆さんの日々の暮らしにとっては非常に厄介な症状になります。

瞼が重いというのも前述している厄介な症状の一つです。この症状が発生する理由としては、眼瞼挙筋・眼瞼挙筋に繋がっている挙筋腱膜・瞼板などの異常や、切れてしまったなどが主な理由として考えられています。

症状は人によって異なりますが、酷い場合は、目覚めてすぐに目を開けようとしても、目の周りの筋肉の力だけでは開くことが出来ず、手を使わなければあけられないというケースもあるようです。

生活に支障が出るかどうかと言うのは、個人差があるとは思いますが、いずれにしても眼瞼下垂の疑いが有る場合は、医師の診断を受け可能な限り早期治療を行うべきでしょう。

余談ですが、眼瞼下垂により瞼が重くなると瞼がかぶさって見えるため、外見的にも暗い印象で見えてしまう場合もあるそうです。また、この暗い印象を無理に改善しようとして無理やり開こうとする方もいらっしゃるようですが、それにより筋肉などに強いストレスを与えてしまい、結果的に肩こり・頭痛を引き起こしてしまうケースも多いそうです。

「瞼が重い」という表現だけでは、何かの病気と結びつけるというのは難しいとは思いますが、眼瞼下垂の主な症状にはこの瞼が重くなるという点もありますので、瞼が重い場合は瞼が垂れているかなども踏まえて、医師の診断を受けるようにしていただければと思います。