基礎知識

主な症状-頭痛

ここでは、眼瞼下垂の主な症状の中から、頭痛について紹介しています。

眼瞼下垂の症状の中でも、多くの方が悩まれるのがここで紹介する頭痛だと思います。

頭痛だけではなく眼瞼下垂の症状は、全般的に慢性化しやすく、日常生活への影響度も高いものが多いとされており、そのなかでも頭痛は体調不良にもなることが多いため、症状の中でも特に早く改善したいものかと思います。

主な症状について紹介している他のページでも説明していますが、眼瞼下垂になると上の瞼が垂れ下がります。その結果視野が狭くなります。視野が狭くなるといっても、左右両方が均等に狭くなる場合もあれば、左だけまたは右だけ極端に狭くなるというケースもあるようで、そのような場合になると、左右の目で視界のバランスがおかしくなってしまいます。狭くなってしまった視界をなんとか補おうとするために、無意識のうちに顎を引き上げて物を見ようとしてしまうのですが、これが首や肩に負担を与え、その結果肩こりが発生し、血液循環が悪くなり、肩こり・頭痛という症状が引き起こされることとなります。

頭痛の場合は、眼瞼下垂ではなく、重篤な疾患の兆候として発生している場合も有りますので、特に注意が必要です。眼瞼下垂の診断を受けても尚症状が緩和しない場合などは、内科で診療するか脳神経外科などを含む総合病院などで詳しく検査を受けておくことをお勧めいたします。

一概に頭痛が眼瞼下垂により引き起こされているわけではありませんが、眼瞼下垂の治療により頭痛が改善されることも多いようですので、頭痛で悩まれている方は一度医師による診察を受けてみたほうが良いでしょう。